髪飾りリフォーム@根掛けや簪(かんざし)等の髪飾りの玉を使ってペンダントへリメイク製作

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
九州は本当に文字通り嫌になるほど雨の毎日…
しかも結構強く降る事が多いです。
このジメジメした感じが全くリセットされない日々。
遂に私は湿気を感じる布団で寝る事を諦め昨夜から畳の上で寝ています。
日本人の知恵…畳は日本の風土に合うっ!!いくらかさっぱりした感じがします。
そして、、、寝具一式おひさまの光に当てたい。干したい。日々です。
さて、今日は根掛けと呼ばれる髪飾りの一種を使った
髪飾りリフォームペンダントをご紹介したいと思います。
「根掛け」と言うのは今でいうバレッタのような役割の髪飾りです。
この根掛けは玉が7連になっていたのでそれをばらして材料としました。
blog_p.jpg
お客様のご要望で横に3連で玉を使って革ひもを合わせました。
このペンダントトップ部分を縦に使っても面白いと思います。
続いては一つだけ玉を使って作ったペンダント。
このデザインならば簪(かんざし)の玉などでも流用できます。
blog_q.jpg
使用したのはベロア風のヒモで、お客様のご要望で40センチという短めで製作しています。
髪飾りリフォームペンダントに関しては日本でもほとんどないリメイク専門店です。
タンスの中に着物と一緒に眠ったままの髪飾りは無いですか。
細工の良い古い髪飾りはアイデア次第ですてきなペンダントにリメイク出来ますよ。
髪飾りリフォームのご相談はお気軽に担当:小玉までご相談ください。

2012年7月3日
着物リメイクのお店カナタツ商店
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>
 

何かお探しでしょうか