着物リメイクブログ@可愛い唐子柄のアロハシャツでアロハシャツの歴史を語る! | 着物リメイク達人への道

着物リメイクブログ@可愛い唐子柄のアロハシャツでアロハシャツの歴史を語る!

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

着物リメイク専門店をしていて
お客様それぞれの着物に託された想いを伺い
1点1点が特別な着物だな…と思います。

そして、その作業の中でも個人的なストライクに入ってくる着物に出会うことがあります。
今日ご紹介させていただく着物リメイクアロハシャツは唐子といわれる柄です。
もともとは長襦袢でした。
好きです。この雰囲気…ストライクっ!!
今日のブログはこの素敵な長襦袢リメイクのアロハシャツをご紹介しつつ
アロハシャツの歴史を語りたいと思います。
blog1.jpg

着物アロハシャツを語るにあたって、
そのルーツであるアロハシャツの歴史もちょっとお話もしてみようと思います

着物アロハシャツのはじまりは1820年頃。
米国本土からの開拓者たちが着物などのリメイクシャツを
持ち込んだのがきっかけと言われています。
風通しがよくてゆったりした着心地が農作業に適していたこともあってか、
その後、日本や中国から渡った移民たちの間でもシャツは評判に……。

着物アロハシャツが完成する以前は麻や綿を使った無地のものが一般的でしたが、
徐々に、移民たちが持ち込んだチャイナドレスや
日本の着物などのカラフルな生地をリメイクしたシャツも作られるようになり、
1920年頃に現在のようなスタイルが定着したといわれています。。
「アロハシャツ」というこの名称は1936年に商品登録されています。

第二次大戦後は、ハワイに多くの観光客が訪れるようになり、
土産物としてアロハシャツを持ち帰る人が増えるにつれ、
ハワイだけでなく世界中で愛される定番ファッション・アイテムになりました。

あなたも着物リメイクアロハシャツを着てみたくなりませんでしたか?
タンスに眠る着物があるなら今すぐ!!

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年5月9日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>
 

 nbsp;

何かお探しでしょうか