着物リメイクブログ@着物リメイク日傘に日傘カバーを付けると生地が無駄になりません。

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
早いもので11月20日になりました。
あと1ヶ月ちょっとで年が変わるんですね…
今年の目標は達成できましたか?
残り1ヶ月ちょっと出来る限り目標を達成させたいですね。
さて今日は着物リメイクで日傘を作った場合に
残布を無駄にしない作り方についてご提案します。
blog_17.jpg
この着物リメイク日傘から…
残布を利用すると日傘ケースが製作可能です。
blog_18.jpg
日傘ケースはネットショップ上には掲載しておらず
製作実例としてブログに掲載しているだけなのですが
お客様は結構詳細にブログを見て下さっているのだと思うと感謝です。
ご要望があればお着物から色々なものを製作していますのでご要望を是非お伝えください。
blog_15.jpg
この着物リメイク日傘も…。
   ↓↓↓↓↓
blog_16.jpg
残布を無駄なく使わせて頂いて着物リメイクをさせて頂けるのは
着物リメイク屋冥利に尽きます。
私達は
「着物リメイク専門店」
として仕事をしています。
「着物リメイク専門店」
とはどういう事かと申し上げると、
リメイクする着物や帯の見極め、状態の把握を大変得意にしているという事です。
タンスの中の着物や帯は見た目が綺麗でも予想以上に劣化していることがあります。
普通の縫製職人さんがこの部分の見極めが出来ますか?
劣化している着物や帯でリメイクしても決して長く使用できません。
傷んでる着物や帯はそれに応じたリメイクが必要なのです。
カナタツ商店は古い着物の扱いを得意にしていますので
是非一度リメイクをお考えの着物や帯についてお話を聞かせてください。
相談は無料です。担当の小玉が電話の前でお待ちしています。
着物・帯無料リメイク相談実施中(月~土/8時30分から18時)
電話番号:096-285-6621

着物/帯をリメイクのプロの私達が拝見して相談ができる無料サービスをご希望のお客様はコチラ

2012年11月20日
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

 

何かお探しでしょうか