着物リメイクブログ@前回のブログで紹介したポシェットが鍵になって…ボストンバッグ

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
何かとイベントが多くて忙しい週末でしたがとってもリフレッシュしました。
今週もやる気満々で一週間をスタートしたいと思いますっ!
さて、本日ご紹介するのは前回のブログ(着物と帯をリメイクしたボストンバッグ×ポシェット)
登場したポシェットを流用する事で製作した
前回紹介した分とは異なった組み合わせの帯×着物リメイクのボストンバッグです。
blog_5.jpg
前回ご紹介したポシェット↑↑↑
前回のブログではこのポシェットの生地に同色の帯の
柄を活かしながら製作させて頂いたのですが、今回ご紹介するボストンバッグでは
水色の生地はそのままに厚手の無地の着物生地を組み合わせて製作させて頂きました。
blog_3.jpg
同じ柄の生地がベースになっていても組み合わせる生地が異なれば
全く印象が異なるボストンバッグに仕上がります。
今回は発注がボストンバッグ2点/ポシェット1点でしたので
ポシェットが流用できるように製作しましたが
もし、ボストンバッグ2点/ポシェット2点だと製作は変わっただろうと思います。
(もちろんお客様との打ち合わせによりますが…)
基本的に柄×柄よりも柄×無地の2種類の素材使いが良いと思います。
blog_4.jpg
今回のボストンバッグでは肩パットの部分で柄の共生地を使用しました。
良いアクセントになっていませんか?
さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年1月28日
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>
 

何かお探しでしょうか