着物リメイクブログ@帯と着物を組み合わせて作るボストンバッグ×ポシェット

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
今年に入って江津湖の湖畔をテクテクと歩きながら
事務所に行くことを目標にしていますが
努力の為の努力というかボケーッと歩いているな…と感じたお話。
昨日の朝の散歩の最中、湧水所の横で柏手を打ち一礼するおばさん。
私が横切った瞬間だったので…
「オレ、神???」
と一瞬思ったんですが、ちょうど日の出の瞬間でした。
毎日江津湖の美しい光景を眺めて散歩しながらも畏敬の念が無いなぁ…と
私もそのおばさんの傍ですぐに同じことをするのも恥ずかしかったので、
少し離れた場所でお日様に良い一日である事を祈念。


この江津湖の傍で生活が出来るのは幸せな事だと思います。
さて、今日は「帯」と「着物」を組み合わせて製作した商品をご紹介したいと思います。
blog_6.jpg
この商品はネット上に掲載しているだけのボストンバッグです。
しかし、当店では大変人気のある商品です。
お客様にはとても良くブログをご覧いただいていると感謝です。
この商品のポイントはボストンバッグと
サブバッグ的に取り付けているがま口が取り外せる事になります。
blog_5.jpg
サブバッグに紐部分を付けるとポシェットとしてご使用いただけます。
このポシェットは次のブログに紹介する予定のバッグでも活躍しますの乞うご期待。
今回製作したボストンバッグ×ポシェットに関して説明させて頂くならば
同色の着物と帯からの製作でしたので大変統一感のある仕上がりとなっています。
blog_7.jpg
肩パットと片面で素敵な帯の柄部分が活きるように製作致しました。
「帯や着物の柄を活かす」
着物リメイクでは最も大事な部分ですので当店では時間を割いて考えています。

さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年1月26日…明日は日曜日ですのでブログはお休みです。
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか