絵羽織リメイクのお手本のような柄の使い方 | 着物リメイク達人への道

絵羽織リメイクのお手本のような柄の使い方

さて今日は一枚の羽織の柄を余すところなく使用した絵羽織のお手本のようなリメイク実例をご紹介します。
羽織をリメイク
絵羽織の柄の入り方は様々ですが生地の分量は決まっています。
羽織からの生地分量ですと今回ご紹介した「日傘」+「ポーチ数点」位がリメイクが見込める分量です。
もちろん柄の取り方を考える必要がないケースなどはもう少し色々なアイテムの制作可能です。

羽織の場合は着物と異なりリメイクに使用できる生地分量がかなり少ないです。
複数の商品へのリメイクをお考えならばお気軽にご相談ください。
古い着物や羽織は1枚1枚状況が異なりますよ。

当ブログを読まれて当店の着物リメイクに興味を持たれたなら是非ご気軽にご相談下さい。
以下の専用フォームからお申し込み頂きリメイク用のお着物や帯を拝見できると正確にお答えができます。


「着物のリメイクの事聞きたいけど…」「だいたいの料金は?」「今の発注分の納期は?」‥等とお聞きになりたい点や疑問がある方はどうぞお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
普通は12時間以内に何かしらの返信させて頂いております。担当:小玉がとにかく出来る限り頑張って迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「着物リメイクの事をもっと詳しく知りたいな…」という方や「このブログ見せたいけど、おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
当ブログやホームページで綴られているエッセンスが凝縮された着物リメイクカタログを無料で送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【リメイクのバッグに関する事ならば…!一番の人気ページのご紹介】
着物リメイクや帯リメイクでハンドバッグやトートバッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか