着物リメイクブログ@帯をリメイクして作るフォーマル向けバッグ

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

社会人になって随分経ちますが
「企業による頭にきた私的ランキングワースト3」に入るような」
とても頭にくる対応をされました。

ただ自分でもお店をしている立場で相手の事を考えると
今回のケースの企業は経営的な行き詰まりや見通しの甘さを
客に押し付ける形になっているので「貧すれば鈍する」の言葉の通り
この企業はもう先が短いではないかと感じました。

「そのお店でなくても他がある」
客である自分には選択の自由があります。

これは私たちが選ばれる立場になっても言えることです。
お客様に100%選択の自由があるならば
着物リメイクをお考えになったお客様が当店をお選び下さるように
私たちはいつものように心を込めた対応をさせていただくだけです。

さて今日は名古屋帯をリメイクさせていただいた実例をご紹介いたします。
帯リメイクバッグ
結婚式にご使用になられるという事で制作させていただいたハンドバッグです。
このデザインのハンドバッグはネットショップ上に掲載はしていませんが
ブログで掲載して以来数度のご注文を頂いています。

よく当ブログで書きますが
ブログやネットショップを細かく御覧下さっているお客様には本当に感謝です。

型紙のない商品を制作する際は少し割高にはなりますが
出来る限りお客様のご要望に沿えるようにアイデアを出しています。
(本日ご紹介している帯リメイクハンドバッグは型紙が完成しています)

さて、着物リメイクをお考えのお客様にアドバイス!
古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年4月16日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>
 

 

何かお探しでしょうか