着物リメイクブログ@着物リメイクに興味がない方や初心者の方に読んで頂きたい利用者の声

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

週末話題の人間対コンピューターの将棋5番勝負「電王戦」を時々見ていました。
(初めから最後まで見るには長すぎるので…)
本来将棋には全く興味がないのですがそこでの人間模様が何かと話題になっていたし、
何といってもプロの棋士チームが1勝2敗1引き分けで
この勝負を落とせば負け越し決定という大勝負でしたから。

大将戦に登場したプロ棋士はとても強い棋士のようですが…完敗。
本人も敗因がわからないというほどの勝負でした。

今後コンピューターはさらに強くなると思います。
その過程の中で人間とコンピューター(それを作ったプログラマー)の
熱い戦いを見ることができて良かったと思っています。
そこで死力を尽くして戦う姿には感動せずにはいられませんでした。
コンピューターが進化しても人の持つ熱い想いはどうしてもコピーは出来ません。
それがないとPCの進化による便利さに感謝しても感動はできません。

私たちもネットショップという新たな形態のお店でPCの普及と進化に感謝しつつ
そこに熱い思いを込めて、そしてそれが届くように仕事をしたいと思っています。

さて、今日はとてもうれしいお客様の声(お葉書)をご紹介したいと思います。
blog1.gif
このお客様は過去にも封書でご感想を送っていただき、
その封書の中にはご使用中のお写真も同梱されていました。

この同梱していただけるご使用中のお写真のうれしさは半端じゃないです。
「あー、こうして日常の一部に取り込んでくださっているんだ…」と感謝と感動をします。

「思い出もいっぱいプレゼントして…」
とこの一文に私たちの仕事の目標のすべてが込められているように思います。
タンスに眠ったままの思い出の着物や帯。
そのままタンスに入れたままではその大事な思い出も眠ったままになりませんか。
着物リメイクでほんの少しの手間をかければ
その思い出の着物や帯は新たな命を持ちます。
日常に素敵ないろどりをそえてくれます。

その思い出の着物や帯を家族のつながりの一つとしてリメイクして
親類や縁者にプレゼントなされば喜ばれますよ。

さて、着物リメイクをお考えのお客様にアドバイス!
古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年4月22日
着物リメイクのお店カナタツ商店

「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか