着物リメイクブログ@着物リメイク/帯リメイク制作実例を一挙紹介! | 着物リメイク達人への道

着物リメイクブログ@着物リメイク/帯リメイク制作実例を一挙紹介!

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

ここ数日毎日人にお逢いする機会があり
着物リメイクに関して色々な人からご意見を頂戴しました。
その際に改めて思ったのが今の私は着物リメイクに入り込みすぎて
少し近視眼的なものの見方になっていたかもしれないということです。
自分は毎日毎日着物リメイクの事に取り組んでいるので、
確かに人より詳しいと思いますし、新しい着物、古い着物問わずある程度の事は判ります。
ご意見を頂戴しようといろいろと着物リメイクのお話を進める中で頂いたのが
「君は見識が邪魔してる」という非常にレベルの高いご意見でした。
着物リメイクに詳しくなった故に陥っている視野狭窄…
柔軟性を欠いている事を指摘されて非常に大きな刺激を受けました。
着物リメイクにおいても「守破離」があるとしたら、
私達の着物リメイクは「離」の部分を意識する段階に来ていて、
型を守る事から自在さや自由さへ少しづつシフトを変える時期に来ているかもしれません。
新しい取り組みは少しづつブログで綴るとして
コンスタントにこんな仕事していますという
帯リメイク/着物リメイク実例を一挙にご紹介いたします。
まずは一本の帯フル活用のリメイク制作実例をご紹介します。
blog_85.jpg
一本の袋帯をフル活用する事でリメイクさせて頂いた商品は
ボストンバッグ(S)2点、ハンドバッグ1点、ポーチ2点です。
見事なほど残布が残らないリメイクとなりました…
blog_86.jpg
続いて着物リメイクの制作実例をご紹介いたします。
ただ写真の撮り方少し失敗したな…と思いつつとてもかわいいテディベアが出来ました。
(ちょっとクマさん窮屈ですね…ごめんね…クマさん…orz)
blog_73.jpg
着物生地は状態が良ければ非常に幅広く使えますし、
少ない生地分量でも多彩なリメイクが可能です。
例えば下でご紹介させて頂いているポーチ等も反物幅で正方形に使えばほぼ製作可能です。
blog_88.jpg
下の画像はグラニーバッグのアレンジ版です。
持ち手を肩に掛けれるようにというお客様のご希望がありましたので
長めの55~60センチ程度で製作させて頂きました。
この程度の変更は追加無しで製作可能ですのでお気軽にご相談下さい。
blog_87.jpg
来週は月末突入でブログを綴れるか否か判りません。
仕事分量的にブログまで辿りつかないかもしれません…。
その場合は6月初めにたっぷり制作実例ご紹介します。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!

着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2015年5月22日

着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか