着物リメイクブログ@訪問着をリメイクする作り方…ショルダーバッグ編

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
朝起きて早朝のニュースを見ようとテレビをつけると
いきなりお天気ニュースのお姉さんが
デェコラティブなニュース番組らしからぬドレス…なんとも素っ頓狂な恰好…orz
「?????」…朝一から訳が判らずテレビを流していると、
アシスタントの女の子のこれまたイッっちゃてるドレスを見て初めて理解する。
「あ、ハロウィンか。」
女の子のドレスはカボチャデザイン。
カボチャのお祭りハロウィンは今日らしいです。
いまだイマイチ馴染めずにいますが(笑)
さて10月最後のブログは訪問着をリメイクしたショルダーバッグをご紹介したいと思います。
blog_11.jpg
昨日簪をリメイクしてペンダントを作ったお話をブログに綴りましたが、
その際に「笄(こうがい)をリメイクしてバッグチャームを作ったので近日紹介」としていたのですが
その商品もこの訪問着リメイクのショルダーバッグには付いています。(黒の部分です)
しかし、この訪問着は素晴らしい柄でしたね~
この柄を活かすためのリメイクという事で非常に柄の配置には腐心しました。
(同じショルダーバッグを2つご注文いただいたので訪問着の柄の割り振りが難しかったです)
前述の笄をリメイクしたバッグチャームは下の画像が判りやすいかもしれません。
blog_10.jpg
今回訪問着をリメイクさせて頂いたこのショルダーバッグのデザインは
当店のレギュラー商品では無くお客様からのご指定でした。
お客様からデザインをご指定してリメイクさせて頂くのは当店は結構作りやすいですので
ご希望のデザインがある方はお気軽にご相談ください。
今回の商品のポイントは柄をどの様に配置するかでした。
特に同じ商品を2つ製作でしたので柄の割り振りは頭が痛かったです。
訪問着からのリメイクの場合、お客様のご希望があれば
当店はデザイン画を記載してお客様と柄の割り振りに関して打ち合わせを行う事も可能です。
是非お客様の想いをお伝えください。
当店では「私の着物でも出来ますか?」というお問合せが多いですが、
着物の状態さることながらそれぞれに柄の入り方などが大きく異なりますので、
現物を拝見した方が正確なお答えが出来ます。
リメイクをお考えの着物があれば「無料」で当店で回収させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
さて、古い着物は生地自体の劣化を感じることが多いです。
前述の通り古い着物からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
着物リメイクのご相談はお気軽に096-285-6621までどうぞ。
担当:小玉が電話の前でお待ちしています。
着物/帯をリメイクのプロの私達が拝見して相談ができる無料サービスをご希望のお客様はコチラ

2012年10月31日
着物リメイクのお店カナタツ商店
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」
多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか