着物リメイクブログ@着物リメイクで作務衣を作る!

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
昨日見つけた動画。
オシャレな北欧の国、ノルウェーの水産物審議会の製作らしいです。
気になる人は握り編、刺身編もあります。
さて今日は過去何度も登場している着物から作務衣のリメイクに関してのお話です。blog_9.jpg
上の画像は絣の着物を活かして製作させて頂いた作務衣ですが
ボトム(パンツ)は生地が異なります。
これは着物1枚から作務衣の上下は製作が難しいという理由になります。
作務衣に関してはお問い合わせが多いので過去ブログに幾度となく書いていますが、
再度着物リメイク・着物リフォームのリクエストno.1 作務衣の記事からまとめお話します。
◎生地の分量的に1枚の着物から作務衣の上下を製作する事は難しい 
(ケースバイケースだし作り方や型紙の問題でもあるのですが
当店では経験上、無理に上下は製作せずに
上着なら上着だけを完璧に仕上げる事をお勧めします。
※特にタンスに入れっぱなしの着物の場合
パンツ類を製作するのは着物を十分に検証する必要があります。
着物リメイクでボトムを作る場合は着物リメイクの経験豊富なお店をおすすめします。
検証をしないと(検証出来ないと)形にはなってもすぐにダメになります。)

作務衣は着物と形状が似ているのでなんとなく安く出来そうなイメージはありますが、
当店では「着物を一度解いて生地をプレスして…」と作業工程は他のリメイク商品と全く同じです。
プロとしての仕事を心がけて手を抜いた製作は致しません。
ですから作務衣(上着)とアロハシャツやチュニックならば作業工程上、
アロハシャツやチュニックの方が安く仕上がります。
しかし、このデザイン(形状)は着物生地との相性は良いですね。
前述の通り作務衣はお店の考え方次第で手の抜きようがありますが、
当店は他の着物リメイクの商品と同様に最初から最後まで
着物リメイク専門店として納得できる仕上がりを目指して製作しています。
作務衣(特にボトム製作)の場合、特に重要なのは製作前の着物生地の検証です。
たいした検証もせずに軽く引き受けて作務衣の形にだけして
納品後数か月でおしり部分が破れました…。そんなお店も多いのが現実です。
さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年1月31日
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか