大島紬でリメイクする際の注意点…ハンチング帽子編 | 着物リメイク達人への道

大島紬でリメイクする際の注意点…ハンチング帽子編

さて、今日は大島紬を使用して製作したハンチング帽子を紹介します。
blog_3.jpg
大島紬でハンチング帽子って男性がしても恰好良いですよね。
大島紬…人を魅了する非常に良い生地ですね。
実際に人気もありますし、リメイクのご相談は少なくないです。
けど古い大島紬は着物リメイクをするにあたって最もクセのある素材の一つと言っても良いかと思います。

リメイクした際の注意は「裂けやすい事」、それと擦れる部分や力のかかる部分の検証です。
保存をきちんとしているならば良いのですがリメイクに出される着物はカビとかシミがあるものも…
こうなると製作する側の経験値が必要だと思います。この注意は銘仙類にも言えます。
大島紬は細かい柄合わせの必要が無いので作る方は作りやすい面もありますが古い着物にある程度の知識が無い製作者が製作するのは心配です。
大島紬に精通していない仕立て屋さんや補正屋さんがリメイクして後でトラブルになるのはよく聞く話です。

この機会に着物リメイクをご利用をお考えならば是非お気軽にご相談下さい。
専用フォームからお申し込み頂きリメイク用の振袖を拝見できるとリメイクに関しては正確にお答えができます。この機会に是非ご利用ください。


「他のリメイクの事も聞きたいけど…」「だいたいの予算は?」「おおよその納期はどれくらい?」‥等と疑問がある方はどうぞ以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
営業日は通常12時間以内に何かしらの返信させて頂いております。担当:小玉が頑張って出来る限り迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「まずは着物リメイクの内容の事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんにも教えてあげたいけど、パソコン無理だし…」という方、等々…
当ブログやホームページで綴られているエッセンスが凝縮された着物リメイクカタログを無料で送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【着物リメイクバッグに関する事ならば…!一番の人気ページのご紹介】
リメイクでハンドバッグやトートバッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか