着物リフォームブログ@剣道着から竹刀袋、帯からテーブルセンターをリメイク!

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

今日は午後から豪雨の熊本でした。
昨年の七月は「経験のないような豪雨」を経験しましたが、
今日も良く雨が降りました。
雨の降り方が本当に変わりましたね。

今日は子ども用の剣道着2枚を使ってリメイクした竹刀袋からご紹介したいと思います。
blog_8.jpg
正直申し上げて珍しいケースのリメイクのご相談でした。
おそらく他の着物リメイク店ではあまり喜んで受けない仕事ではないかと思います。
(まず竹刀袋の製作方法が判らないと思います)
今回この仕事をお受けしようと思ったのは
私達に過去に竹刀袋制作の経験があったことが大きいです。
無駄な経験・仕事って本当にないですね。
カナタツ商店は独立して現在3年程経過した着物リメイク専門店ですが
私達は着物リメイクの経験は10年以上あります。

blog_7.jpg
この商品は七五三用のお着物の帯から製作したテーブルセンターです。
帯リメイクのテーブルセンターは当店の定番商品です。
帯を無駄なくリメイクできるので残布を残したくない方にはお勧めです。

今回上記二点のリメイクをご相談してくださった方はリピーターの方でした。
いつもブログで綴るのですがリピートこそ最高の評価です。
心を込めた仕事が届いたようで本当に有難いです。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年7月3日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか