着物リフォームブログ@形見分け…着物そのものではなく着物リメイクでどうですか?

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

毎日テクテクと近所の江津湖という湖の湖畔を歩きながら事務所に来ています。
朝からボート部が練習をしていて朝の湖の持つ印象派の絵画のような
幻想的な雰囲気と相まって一幅の絵画のように感じます。

最近ボート部の練習で水鳥と飛び立つのが気に入らないという趣旨の投稿が
地元新聞になされていたようなのですが、
その投稿を受けて県のボート協会の会長を名乗る人物がしていた投稿がお見事でした。
「ボートの本場では水鳥が飛び立たないようにボートを漕ぐことが理想とされていますが
学生たちは修業中でそのレベルに達していないので大目に見てやってくれ」という旨でした。
当初投稿した人がどう感じるかは判りませんが、
大人の対応とはこういうことを言うのだな。と、とても感心しました。

私自身はボート部が朝霧の中滑るように水面を走る江津湖の光景がとても好きですので
全くに気にならなかったのですが人によってはそう感じるんだな…と
立場の違いで物の見え方が全く異なる事を今更ながら考えました。

さて、今日は視点を変えることで物事が大きく変わるという事で、
着物の形見分けを着物リメイクで行う事に関して綴りたいと思います。
(少々強引な話の持って行き方ですが…)

blog2.jpg

形見分け…
故人の残した品物を残された人たちで分ける言わずもがなの文化ですが、
最近当店に持ち込まれる仕事でこの「形見分け」関連の仕事も少なくありません。

ライフスタイルの変化で着物を着る機会がめっきり減った現在、
着物そのものを分けるのではなく、着物を材料に記念品を作って分ける。
そのようなご相談を最近大変良く受けています。
今日ご紹介する風呂敷と入れ物【巾着】の着物リメイクセットも
形見分けのご相談案件でした。

blog1.jpg

この「着物リメイク」で形見分けという考え方は
今の時流ととてもよくマッチしていると思います。
着物を着なくなった時代。
エコ・リサイクルが大事な時代。
物質的豊かさより心の豊かさを求められる時代…
もし、その時が訪れたら着物リメイクでの形見分けをご検討ください。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年11月6日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか