着物リメイクブログ@一枚の着物を無駄なくリメイクするアイテム…フリーカバー

先日何気なくテレビを見ていたら
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」にチャンネルがあっていた。
今回はそば打ちの職人を紹介していていたのですが、
その方のお話で特に印象的だったのが「天職」についてのお話でした。

私も常々思っているのですが「天職」と思い仕事に取り組むのは幸福な事だと思います。
一生懸命取り組めば誰かが必ず評価して下さる。
評価は自分に自信を生み、仕事への愛着を生みます。
その好循環のなかに身を置いて迷いのない仕事が出来ます。
私達は着物リメイクを普及/発展させることが
私達の使命/天職だと思い今後も仕事に取り組みたいと思っています。

今日は1枚の着物からグラニ-バッグ/フリーカバーを製作した実例をご紹介します。

b4.jpg

今まで着物リメイクグラニ-バッグは何度も取り上げているので、
今日は着物リメイクフリーカバーにスポットを当ててご紹介したいと思います。
フリーカバー…風呂敷と言っても良いかもしれませんが、
この商品は着物リメイクで無駄なく着物を使いたい場合には有効な方法です。

利用できる生地分量から計算して最大のサイズを考えて、
フリーカバーや風呂敷を作る…という手法で生地の残布はあまり出ません。
無駄の無い生地の活用をお考えの方はフリーカバー(風呂敷)というアイテムを
着物リメイクの案の一つに入れてみると良いかもしれませんね。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年11月13日
着物リメイクお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか