着物リメイクに託す夢を語るという事。 | 着物リメイク達人への道

着物リメイクに託す夢を語るという事。

今週は福岡で展示会がありましたので一泊で福岡に出張をしてきました。
人気のセミナー会場では黒山の人だかり…
立ち見や座席の追加などもあり大盛況。
そんな中、カナタツ商店・小玉もビジネスプレゼンテーションとして登壇。
主催者が用意している座席は120…??? 多過ぎ…orz
けど、それも地道に着物リメイクを続けてきた事への評価だと思い、
まばらに埋まった関係者/聴衆を前に着物リメイクに関して話をさせて頂きました。
当日登壇していた他のプレゼンターのレベルが高く、
普段引きこもり生活をしている小玉は自身の準備と経験不足を痛感したのですが、
それでも、私の話を聴きに来て下さった方には判り易かった。とお褒め頂きましたし、
話を届けたい人には届いた。という事で自分としては良しとしたいと思います。
ささやかでも私なりの方法で着物リメイクの裾野が広がるための活動は大事にしたいです。
小さな広がりや輪でも、それは同時に私達の器の大きさだと思いますし、
地道な着物リメイクの活動でも少しづつでも広げていきたいと思っています。
しょっちゅう着物リメイクについて語る話が舞い込むわけでは無いですけど…
私は忙しくても出来る限りブログの時間は作りたいと思っています。
実際に毎日の仕事でどんな着物リメイクの商品が仕上がって、
発注主のお客様はどう思われたのか、嘘の無い言葉で綴りたいと思っています。
それは私達が着物リメイクに取り組み続けた自信と誇りがあればこそです。
今日も明日も世界の誰かが私達のホームページやブログからの発信を通じて
着物リメイクに興味を持ってもらったり、箪笥の着物を活用して下さったら嬉しいです。

何かお探しでしょうか