2種類の着物を組み合わせてリメイクする日傘の作り方…2つのアイデア。

twitter.jpg
今日のブログはそろそろ注文が増えだす日傘に関して。

2枚の着物を組み合わせて製作する日傘に関してご説明いたします。
その場合は2種類の考え方がありますのでそれぞれお伝えします。
(1)生地を二枚併せにする。
(2)一重で2種類を組み合わせる。

今日はそれぞれの制作方法のポイントを綴ります。

まず冒頭の写真のような2枚の生地を併せるケースですが重要なのは2枚併せた生地の厚さを考えるという事です。
blog_47.jpg
今回のケースでは表面に黒無地、内側には柄の入った着物生地を組み合わせてリメイクさせて頂きましたが共にかなり薄い生地です。

着物生地の厚さは様々な物がありますので厚い生地同士だと重たくなるし生地ももたつくのでお勧めはしにくいです。
その点に関してはお着物を拝見すればアドバイスは出来ますのでお気軽にご相談下さい。
blog_48.jpg
blog_46.jpg
上の画像のように2種類の生地を表地で組み合わせて製作する際は無地×柄物の着物生地の組み合わせでリメイクするとバランスが良くなります。

上の組み合わせで日傘を制作する際のポイントはピザ(PIZZA)を8ピースにカットするイメージです。
▲が8ピースで円を描くように配置しますのでどのように配置するのか円でイメージすると良いですよ。
(例えば「柄」と「無地」を交互にシンメトリー(対称)で配置するのもアリですし、上の画像の様にアシンメトリー(非対称)で配置するのも素敵です。)

私達は着物リメイク日傘を得意にしていますので様々なバリエーションの着物リメイク日傘製作しています。
今日ご紹介しているような2種類の着物からのリメイク日傘も沢山作りましたよ♪
場数は踏んでいますので経験から色々アドバイスできます。

古い着物でも拝見させて頂けると製作の可否を正確にお答えができますし、いろいろなアドバイスができます。お気軽にお申し込みください。


「タンスの中の着物のリメイクの事で質問だけど…」「料金は大体いくらぐらい?」「今からだと納期はいつぐらい?」とお聞きになりたい点や疑問がある方はどうぞお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
普通は12時間以内に何かしらの返信させて頂いております。週末でも担当:小玉が出来る限り迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「まず取りあえずカナタツ商店の事を知りたいな…」という方や「カナタツのHP見せたいけど、おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
当ブログやホームページで綴られているエッセンスが掲載された着物リメイクカタログを無料で送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【着物リメイクバッグに関してはこのページは分かりやすい!一番の人気ページのご紹介】
ハンドバッグやトートバッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか