水に弱い正絹着物生地…着物リメイクフォロー術。 | 着物リメイク達人への道

水に弱い正絹着物生地…着物リメイクフォロー術。

正絹が多い着物は雨(水)との相性が全般的にあまり良くありません。
その弱点をフォローする技術等も開発されていますし、私達も利用しますが、実用面を考えると経験上はやはり基本的に着物は水にぬらさない方が良いように思います。
この辺の話もブログで書かないとな…と思いつつ今日はお客様に着物リメイク商品を納品させて頂いた後に頂いたメールからブログをスタートさせます。

お客様に納品させて頂いた着物リメイク商品は「日傘」と「別注ハンドバッグ」でした。
今日はそれぞれの商品を当ブログでご紹介します。

blog_71.jpg

日傘の製作にはお客様にある程度明確な柄のイメージがおありの様でしたので、お客様のご意向を汲む事を意識して柄入れをさせて頂きました。
そもそもの柄が非常に優雅でしたのでとても素敵に仕上がったと思います。
尚、よくお問い合わせをいただきますが当店の着物リメイク日傘は全てUVカット加工を行って納品させて頂いております。

続いてはお客様が持ち手をご用意くださって製作させて頂いたハンドバッグです。
お客様のご希望はご用意頂いた持ち手を使う事、着物生地にコーティングをする事、内生地にご自身の長襦袢を使用することなどでしたので、ご希望それぞれを落とし込んで製作させて頂きました。

blog_70.jpg

ブログ冒頭に正絹着物生地と水の相性の悪さを書きましたが上の画像の様にコーティングは一つの解決方法だと思います。

ただ、今回はお客様が手芸にご理解があったようで、着物と持ち手の色が良く合っていて良かったですが、「ご希望の持ち手」をお客様でご購入の上、着物と一緒に同梱して頂くのは、あまりお勧めはしません。
というのは、着物リメイクに不向きな持ち手もありますのでご注意ください。
(生地を挟み込むタイプの持ち手等は不向きな事が多いです)
ご要望をお伝え頂ければ当店から取り寄せも可能ですし、そちらの方が無駄がないと思います。

さて、今回の着物リメイクの様にお客様のご希望に応じてのリメイクも出来ますよ♪

私達カナタツ商店ではタンスに眠る着物リメイク受付中です。
私達の着物リメイクに興味を持たれた方は是非一度リメイクをお考えのお着物や帯を見せて下さい。
現物を拝見しながらですと非常にスムースに打ち合わせが出来ます!


「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
通常でしたら12時間以内に返信させて頂いております。
メールでお問い合わせ

「取りあえず着物リメイクの事を知りたいな…」という方や「おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
無料でカタログを送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【一番の人気ページのご紹介】
今日はバッグの必要生地分量をご説明しましたが現在着物や帯のリメイクでバッグ制作を検討の方は参考になると思いますので是非ご覧ください
(以下の「着物」「帯」リメイクオーダーバッグの画像をクリック!)

何かお探しでしょうか