着物リメイクは誰が始めたか?…源流について考えた話。

今日のブログでは着物リメイクのお店として古布を見ながら着物リメイクの歴史について考えてみたいと思います。

kofu_001bb.jpg

私は研究者のように真剣に着物リメイクの歴史を考えたりしていたわけでは無いのですが、以前新聞で着物リメイクの取材を受けた時に、記者の方から
「着物リメイクを始めたのは誰ですか?いつごろですか?」
という質問を受けたのがこの問題を考えはじめたきっかけでした。

そこで私が答えたのは
「今いる作家や制作者で『私が始めました』と主張している人がいたらおかしい。
 着物リメイクの定義によって見解は分かれるかもしれませんが、リメイクを(古い着物を生き返らせる為に再利用する)と考えるならば襤褸や裂き織りも着物リメイクと言えると思います。
 着物を活用する過程において市井の人々は間違いなく創造の喜びを見出していました。着物の歴史と共に人々はリメイクしていましたし、人や起源の特定は無理だと思います。」
というような内容です。

nuno_antique_002b.jpg

上の画像のような刺し子は着物の再利用というよりも補強になりますが、古い刺し子の半纏など見ると「デザインしちゃってるな~」と過去の工夫や労力に感心するものも少なくありません。
そこに見いだされる「モノを作る喜び」こそ私は着物リメイクの源流だと思うのです。

nuno_antique_003a.jpg

(仕事柄ですが)沢山古布を見ると本当に面白くて、例えば2枚の子ども用の着物を結構強引に合体させて1枚の大人用の着物に仕立て直したものや、表はすごく立派なのに裏はつぎはぎだらけになっているもの、仕立て方が「???」でお母さんオリジナルを感じるもの等本当に多彩です。
そして、そういう良くわからない古布に出会うたびに自分の仕事の源流でもある「モノを作る喜び」をみるような気になります。

新商品各種も掲載中の着物リメイクカタログもございます。
お申込みは以下のカタログの画像をクリックして必要事項をご記入ください。
着物リメイクカタログお申込み


【リメイク用着物や帯の無料回収受付中】
私達の着物リメイクに興味を持たれた方は是非一度リメイクをお考えのお着物や帯を見せて下さい。
【無料】でお着物や帯の回収を行っています。私達が現物を拝見しながらですと非常にスムースに打ち合わせが出来ます!

【個別相談受付中】
「着物リメイクの事聞きたいけど…」「料金は?」「納期は?」とご不明な点がある方はお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
通常でしたら12時間以内に返信させて頂いております。
メールでお問い合わせ

【一番の人気ページのご紹介】
現在着物や帯のリメイクでバッグ制作を検討の方は参考になると思いますので是非ご覧ください

何かお探しでしょうか