着物リメイクブログ@ひげ紬からリメイクしたショルダーバッグのお話

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
やや寝坊した今日は前置きはほどほどに即本題へ…
今日紹介させて頂くのは、
昨日【12日】のブログで紹介したロングベストの共生地で製作したショルダーバッグです。
blog_6.jpg
この商品のデザインは当初お客様のリクエストで製作させて頂いた商品です。
初めてこのデザインのショルダーバッグを作らせて頂いた時のブログ
肩紐の部分など負荷が掛かるので結構リメイクする生地を選ぶので
ネットショップ上には掲載しにくいので現在はブログだけでのご紹介ですが
コンスタントにご相談を頂く人気商品となっております。
特筆すべきは今回リメイクさせて頂いた着物生地です。
blog_7.jpg
この着物生地「ひげ紬」と呼ばれる生地で最近はあまり見ない生地です。
私は古い着物も専門で扱っていたことがあるので
いわゆるアンティーク着物や古布も結構得意ですがこのひげ紬は
アンティーク着物や古布の市場では比較的高値で取引されています。
縫製の技術にプラスアルファで古い着物の知識というのが私達の強みだと自負していますし、
それが故に、過去ブログでうるさいぐらいに綴っていますが
生地の状態というリメイク前のチェックに重きを置いています。
箪笥の着物の状態が不安な方はお気軽にご相談ください。
さて、リメイクをお考えの着物や帯があれば
「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年2月13日
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか