着物リメイクブログ@ハンドバッグの作り方…「帯編」&「振袖編」

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り
今日はバタバタとこの時間にブログを綴っています…。
忙しい事は感謝に感謝しつつ今日も皆様によくあるお問合せのアンサーをご紹介します。
よくあるご相談「若い時の振袖と帯があります。バッグとかにリメイク出来ますか?」
というお問合せにそれぞれ明確にお答えしている
帯リメイクのトートバッグと振袖リメイクのハンドバッグを今日はご紹介します。
まずは帯リメイクのトートバッグをご紹介します。
帯リメイク バッグ
素晴らしい帯でした。
お客様のご要望で大きなトートバッグにしたのですが、
熨斗柄(メインの柄)の中には「宝尽くし」という大変おめでたい柄が配してありました。
いかにも振袖に合わせて作られた帯でこの縁起の良い宝尽くしの柄が少しでも沢山収まるように
このトートバッグの表と裏では微妙に熨斗柄の位置をずらして
バッグ全体のデザインをさせて頂いています。
続いてご紹介させて頂くのは振袖リメイクのハンドバッグです。
着物リメイク バッグ
振袖からのリメイクという事で柄合わせが必須となりましたが、
この綺麗な振袖の柄が活きるように表と裏でかなり詳細に検証をしました。
他にも巾着等複数のご注文があり、
ご注文の品全体に柄を使うようにすることはかなり大変でしたが
バッグに関しては表と裏でバランスよく配することが出来たと思います。
振袖リメイク バッグ 
振袖と帯からのリメイクは生地分量がかなりあるので本当に幅の広いリメイクが可能です。
タンスの中に眠ったままの若い時のお着物がある方、
このブログを読まれたのがご縁ですから今すぐリメイクのご相談しませんか?
もちろんご相談は無料です。
※「無料」で当店で回収させて頂きますので今すぐお申し込みください!
今すぐカナタツ商店にリメイク用の着物を見てもらう
古い着物からリメイクする場合は古い着物・帯は生地自体の劣化を感じることが多いです。
古い着物・帯、古布からのリメイクは縫製の技術もさることながら
生地をきちんと検証することが必要です。
私達カナタツ商店の強みは古い着物や帯に対する知識・経験です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
2013年2月26日
着物リメイクのお店カナタツ商店
=========================================
≪≪ 専門店の私たちが考える着物リメイク最大のポイント ≫≫
「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!
私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら
<2013年も44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか