【熊本から】地震見舞い御礼&熊本への確かな一つの支援…「注文」 | 着物リメイク達人への道

【熊本から】地震見舞い御礼&熊本への確かな一つの支援…「注文」

書かなければいけない事があまりに多過ぎて何からお伝えすれば良いのか判りません。
けど、まず第一に熊本地震の被災に関して
本当に多くのお客様や取引先の皆様からのご心配を頂き
心から、心の底から、御礼申し上げます。
メールやお電話で労いのお言葉を下さった方、
心配してすごく長い手紙を書いて下さった方、
(阪神淡路や東日本など)自らの被災経験に照らし合わせて被災後の心配をして下さった方、
私達が納品をさせて頂いた着物リメイク商品を使っている様子を写真で送って下さった方、
私達の納品した商品を持って神社にお参りに行って下さった方…etc

※4月14日1度目の大地震の後。余震が怖く庭で一晩を過ごしました。
翌日深夜に初回以上の地震が来るとはこの時夢想だにしていません。

精神力が肉体的な疲労をおおきく超えて不眠不休に近い、
著しくバランスを崩した躁的な震災後の状況下で
皆様の優しさに触れるとふとニュートラルな自分に戻るようで
胸が熱くなったり、目頭が熱くなったり、
その時々の冷静さを取り戻すブレーキになったようで感謝の言葉がありません。
そして、その一言一言がどれほどの大きな励みになったか判りません。
私達カナタツ商店は皆様に支えられて
ここまで仕事を続けることが出来たのだと改めて思います。
私の育った街、熊本は皆様ご存知の通りその様子を一変させています。
耳目は被害が判り易い場所、過酷な場所に行きがちですが、
熊本市の市井の人々にも困っている人々は沢山います。
(2度も夜間の大地震を経験して正直、夜の揺れが怖いです。
余震の度に家族がとても心配ですし、尚且つ、学校再開はGW明け予定なので、
私も両親と子どもは県外に避難をさせています。)
私達は微力ですが、それでも熊本の人々の役に立ちたいと思っています。

※17日朝ライフラインが完全に麻痺した中、給水の列に並ぶ
自分達の日常を取り戻す事、
自分達がしっかりと仕事を出来る環境・生活できる環境を取り戻してこそ
初めて力強く他の人の手助けが出来ます。
私の友人・知人でも「風呂に入るのも困る」「洗濯が出来ない」…
2度目の大地震から1週間以上経過しているのに、まだ沢山います。
車中泊している人も多いです。
それでも私達の世代は率先して日常を取り戻すために仕事に行かなければなりません。
そんな友人たちを想うと私は申し訳なく思うほどです。
そして、もっと過酷な避難所のお年寄りなどもまだまだたくさんいらっしゃいます。

※熊本城や水前寺の状況は報道の通りです。水前寺はカナタツ商店徒歩圏内。
徒歩圏内には水前寺をはじめ潰れた洋館や屋根だけ残った神社、ずれた橋など地震の凄まじさを物語る痕が
数多くありますが今はまだ心情的に傷ついた街をアップしたくないので日本有数の美しさを誇っていた頃の庭園を。

私達が自分達の家族を守り、日常を取り戻す事で、地元民ならではの手助けが出来ます。
幸い私達は日本全国にお客様がいて熊本だけに立脚した商売ではないので
ライフラインと物流が復旧すれば立ち直ることが出来ます。
どうか今だけは「熊本だから…」と遠慮したり避けるのではなく「熊本だからこそ」選んで下さい。
日常を取り戻す事!
それこそが私達にとっては最大の支援になります。

(私達に限らず様々な商品・サービスも今だけは「熊本」を選んで下さい。それは大きな支援です。)
【重要なお願い】
お客様がカナタツ商店を支えて下さって、
私達が日常を取り戻す事で間接的に熊本でだれかを助ける事や
支援に繋がる様に私達は振る舞いたいと思います。

「いつかやろう。」と思っていた着物リメイクならば是非今お願いします。
その注文は「熊本への支援」です。

着物リメイクで熊本を応援するので、「まずは相談」という方はコチラ
注文を通しての熊本復興支援で皆様に代わって私達が地元民として働きたいと思っています。
(地元のボランティアなどを基本にしたいと思いますが、もし、「注文するから東区○○に住んでる親戚の様子見てほしい」とか、
「××を届けてほしい」とか、そういう草の根の小さな手助けも出来る限りは応じたいと思っています。)

最後に繰り返しますが
私達に限らず「今だけは」どうか熊本を選んで下さい。
そして、いつかやろうと思っていた着物リメイクなら是非とも今お願いします!
非日常の中、まとまりのない文章となり申し訳ありませんが、以上、ご報告まで。
着物リメイクのお店カナタツ商店
代表: 小玉達人

2016年4月25日…
次のブログは5月に入って再スタートの予定です。

何かお探しでしょうか