着物リメイクで服を作るためのポイント | 着物リメイク達人への道

着物リメイクで服を作るためのポイント

さて本日のブログ内容は着物リメイクで服の作り方…
blog_15.jpg
着物生地でリメイクする場合、デザイン以前に理解しておくことは『着物生地にはストレッチが全くない』という事です。
(ストレッチは(すべてではないですが)ポリウレタンが混紡されています。一般的にはポリウレタンは経年劣化が早いと言われていて、ストレッチが無い天然素材100%で保存に気を使えば長持ちする着物なので世代間で受け継がれてきた歴史が生まれたとも言えます。自分で書いていても変なロジックですが…(笑))

単純に考えてみて… タイトなスキニーパンツは着物リメイクに向くでしょうか。不向きでしょうか。

スキニーパンツはストレッチのない着物生地には不向きですし、またタンスに眠ったままの着物生地の場合、生地自体の劣化も考えられるのでボトム自体リメイクに慎重にするべきです。

逆にAラインのチュニックなどはどうでしょうか。
体系を選ばないようなゆったりとしたチュニックは着物リメイクに向くアイテムだといえると思います。

手芸屋さんや大型書店に行けば洋服の型紙は沢山あります。
しかしながら着物リメイクに向くか否かは着物の生地の特徴を理解したうえで決める必要があります。

『ストレッチが無い』
『古い着物生地は生地そのものが劣化していることがある』
着物リメイクをする際はこの2つの要素は是非加味してください。そこはとても重要なポイントです。
blog_14.jpg

続いて着物リメイクで洋服を作る際、お値段を抑えるためのポイントをお伝えしておきたいと思います。

洋服製作の際、値段を大きく変えるのが型紙(デザイン)の製作代です。
当店では型紙(またはサンプル)の有無でワンピースならば合計金額で一万円以上お値段が変わるとお考え下さい。

ある程度製作のイメージがおありならば、お勧めは「型紙」を購入する事です。
大手手芸店や大型書店などに行くと型紙(型紙集)があるのでその型紙から着物リメイクを製作する事。
これならば型紙代はおそらく1000円前後~で収まると思います。

デザインに対して大まかなイメージしかないならば当店の型紙を利用する方法もあります
(昨年の熊本地震で散逸しましたが、それでも、当店の型紙もバカにならないくらいのストックがあります)

続いて製作がしやすいのがお手元のお気に入りの服をサンプルに型紙製作するという事です。
デザイン的、縫製的な難易度でお値段は変わりますがお客様の要望の情報がゼロから作るよりも圧倒的に安く制作できます。

どうしても高額になるのがゼロの状態からお客様のイメージを形にしていくときです。
(写真から製作というのもここに含まれます)
この場合は詳細な打ち合わせが必要になりますし私達も何枚ものデザイン画を描く必要があります。

家を作る際に図面が必要なように洋服を作る際も型紙が必要です。
その型紙に関する情報をお客様がどこまでご用意くださるかでお値段が変わります。
是非出来る限りの情報をください。

着物のリメイクで洋服製作をご利用をお考えならば是非お気軽にご相談下さい。
専用フォームからお申し込み頂きリメイク用の着物や帯を拝見できるとリメイクに関しては正確にお答えができます。
この機会に是非ご利用ください。


「他の着物リメイクの事も聞きたいけど…」「金額は?」「だいたいの納期はどれくらい?」‥等と疑問がある方はどうぞ以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
営業日は通常12時間以内に何かしらの返信させて頂いております。週末も担当:小玉が出来る限り迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「着物リメイクの内容の事をいろいろ知りたいな…」という方や「遠方の家族にも教えてあげたいけど、パソコン無理だし…」という方、等々…
当ブログやホームページで綴られているエッセンスが凝縮された着物リメイクカタログを無料で送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【着物リメイクバッグに関する事ならば…!一番の人気ページのご紹介】
リメイクでハンドバッグやトートバッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか