弱った着物をリメイクする時の注意点と方法…日傘編 | 着物リメイク達人への道

弱った着物をリメイクする時の注意点と方法…日傘編

さて今日は着物リメイクのテクニックの一つ
「生地を補強する」というお話をしたいと思います。
blog3.jpg

上の画像は御覧の通り日傘です。
日傘はイメージしていただければお分かりの通り、広げた際に強い張力が発生します。早い話、引っ張る強い力がかかるわけです。
そんな日傘には弱った生地の使用は適しません。
基本的には私たちがNGと判断した着物生地は日傘にリメイクすることはしません。

しかし、中には微妙な生地…「テクニック次第では」という生地もあります。
今日紹介している上の日傘もまさにそのような生地をリメイクしたものになります。
少し弱った感じのする生地をどのようにリメイクするか…。
ひとつのテクニックとしては芯を貼ることになるのですが、日傘に芯を貼ることは制作/縫製の難易度を格段にあげることになります。
着物生地と芯では当然のことながら伸縮率が全く異なります。
そのことを計算しながら補強をしなければならないし制作しなければなりません。

まぁ、よくわからないときは私たちがすべてするのでお客様は着物だけを送ってくだされば良いのですが…(笑)

当ブログを読まれて当店の着物リメイクに興味を持たれたなら是非ご気軽にご相談下さい。
以下の専用フォームからお申し込み頂きリメイク用のお着物や帯を拝見できると正確にお答えができます。


「着物のリメイクの事聞きたいけど…」「だいたいの料金は?」「今の発注分の納期は?」‥等とお聞きになりたい点や疑問がある方はどうぞお気軽に以下のフォームよりお問い合わせ下さい。
普通は12時間以内に何かしらの返信させて頂いております。担当:小玉がとにかく出来る限り頑張って迅速に対応します。
メールでお問い合わせ

「着物リメイクの事をもっと詳しく知りたいな…」という方や「このブログ見せたいけど、おばあちゃんはパソコン無理だし…」という方、等々…
当ブログやホームページで綴られているエッセンスが凝縮された着物リメイクカタログを無料で送らせて頂いていますので以下のフォームよりお申込み下さい!
着物リメイクカタログ

【リメイクのバッグに関する事ならば…!一番の人気ページのご紹介】
着物リメイクや帯リメイクでハンドバッグやトートバッグ制作を検討の方は以下のリンク先を是非ご覧ください

何かお探しでしょうか