着物リフォームブログ@着物リメイクトートバッグ…カナタツ商店の作り方

JUGEMテーマ:着物リメイク/古布リフォーム/裂き織り

昨日はお休みでしたが私は事務所にいました…orz
残業に次ぐ残業…というわけではなくて大幅な模様替えをしました。
特に私の作業場周りが着物…着物…帯…着物という状況でしたので
半日かけてとてもスッキリしました。
一番の変更は作業場に小さい写真の撮影スペースを設けた事。
今週末~来週にかけては新撮影スペースで撮影した画像を登場させます。
個人的には今の愛機であるハッピーミシンの上での撮影も私達らしく好きですが
今後はアイテムによって撮影の仕方を変えようと思います。

さて、今日は着物リメイクのトートバッグをご紹介します。
blogtest2.jpg
お客様のご希望で肩紐は肩から掛けることが出来るようにかなり長く付けました。
この画像の着物リメイクトートバッグは確か80センチぐらいの持ち手にしたと思います。
そのほかの詳細なスペックをお伝えするならば
閉じ口はファスナー、内側に内ポケットを付けています。
着物生地を横向きに使用して高さは反物を活かしました。

このぐらいのサイズになると底板は入れたほうが良いと思います。
blogtest3.jpg
このサイズのトートバッグを着物からリメイクするポイントは
生地を十分に検証することです。
トートバッグのサイズが大きくなればおのずと中に入れる品物が大きくなります。
バッグの容量を考えると弱っている生地での製作はNGです。
もし愛好家の方が大きな容量のバッグを着物リメイクで制作する場合は
古い生地や長襦袢、大島紬などは十分に検証をしてください。

この着物の見極めという部分は
言葉では伝えにくい場数/経験の蓄積の賜物だとおもいますので
リメイクをお考えの方は是非私達にご相談ください。

さて、着物リメイクをお考えの方にアドバイス!
着物や帯それぞれで制作の方法も異なりますので
一度お持ちのお着物や帯を見せていただければリメイクの助言をさせて頂きます。
>カナタツ商店に着物/帯を見せてアドバイスしてもらう<

私達カナタツ商店の強みは古い着物に対する知識です。
ご相談は今すぐ⇒096-285-6621まで
担当:小玉が電話の前でお待ちしています!!

2013年7月22日
着物リメイクのお店カナタツ商店


「その着物、リメイク前にきちんと生地を検証しましたか??」

多少の縫製の技術があれば専門店以外でも形にすることは出来るかもしれませんが、
長くご使用されるためには着物や帯の生地の検証が非常に重要です。
(タンスの中にしまいっぱなしの着物や
骨董市などで販売されている古い着物や帯には生地が弱くなっているものがあります)
長く使える着物リメイク商品を製作するためには必ずプロのアドバイスが必要です!

私達は古い着物/帯からのリメイクを専門に仕事をしています。
タンスの中に着物や帯が眠っている方はお気軽に今すぐご相談ください!

メールでのお問い合わせご注文はこちら

<44秒で分かる!!カナタツ商店の着物リメイクへの考え方♪>

何かお探しでしょうか